最新情報

今話題の「再生因子美容法」発毛トリートメント9月より導入スタート!!

2014-08-15

再生医療が遂に美容業界に!

まるで魔法!?あきらめていた薄毛・抜け毛が再生因子イオン導入で蘇る!!!

「皮膚再生医療」から生まれた次世代幹細胞再生因子トリートメント!!

 

近年、女性の頭皮環境に悩まれる方が年々増加傾向にあります。それは、働く女性が増えている事、食生活や生活スタイルが昔と随分変わっている事など、現在の様々な要因が関係していると思われます。「再生因子美容法」とは自分の細胞を活性化させ・自分の細胞を働かせるといった、医療チームとコラボレーションすることで叶った最新のトリートメント、「次世代再生因子」を使用した施術です。

今までの頭皮・毛髪のお悩みの改善方法といえば、 増毛したり・ウィッグをつけたり・薬を飲んだりすること等、その場しのぎの回避方法や、副作用を気にしながらの体質改善、AGAなどの治療をおこなう事などですが、当サロンの頭皮ケアは、「再生因子」をイオン導入することで、自らの細胞に働きかける、全く新しい細胞再生因子導入トリートメントです。
この再生因子は医療現場で病気を治すために研究開発されました。再生因子は、壊れてしまった細胞を修復する『幹細胞』から生まれたたんぱく質のことで、皮膚はもちろんのこと血管や骨、臓器までも再生が可能な万能因子です。
どこにもない最新のトリートメントが受けられます。

 

このようなお悩みを持つ方へ!

発毛◆育毛◆増毛◆薄毛◆抜け毛◆ハリ◆コシ◆白髪◆

次世代幹細胞再生因子トリートメントのイオン導入で、時が経つにつれてどんどん髪がよみがえります。

 
再生因子トリートメントとは?

元来、医療の現場で病気を治すために研究されていた「再生因子」。
これは化粧品業界では有名なアンチエイジングための細胞増殖因子(グロスファクター)とは 異なる新素材で、体内に元々存在し、壊れてしまった細胞を修復する「幹細胞」から生まれるたんぱく質のこと。
皮膚はもちろんのこと血管や骨、臓器までも再生が可能な万能因子です。

これをイオン導入することで肌や髪を活性化させます。10年前の自分に・・・まさに究極のアンチエイジング法です。

ジェネティックファクター (再生因子)とは?

最先端の再生医療の研究室である株式会社クオリーメンの研究によりうまれた、EGF.IGF等の成長因子(=グロスファクター)の働きをはるかに超える、成長因子500種以上の細胞再生因子総合体(=ジェネティックファクター)です。
最新の研究では、ジェネティックファクター療法は幹細胞やiPS細胞をつかった細胞療法と、同等同様の効果があることがわかりました。さらにiPS細胞等の細胞療法は、実用化に向け多くの課題がある中、ジェネティックファクター療法は、細胞を使うことがない為、倫理的な問題や、拒否反応などの問題をクリアしています。

年齢性別を問わず、いつまでも若々しく、美しく、健康でありたいと思うのは人類の望みです。
美容と医療。心身共に健やかな生き方を目指すこの関係は、

『細胞を再生する因子』ジェネティックファクターでつなぐことができます。

 

◉再生因子と成長因子の違い◉

化粧品業界ではアンチエイジングの原料としてグロスファクターが有名です。EGF,FGF,IGFなどは多くの化粧品に配合されています。成長因子は大腸菌や酵母から作られますが、再生因子は幹細胞から作られ、製造環境も全くことなります。成長因子が単体のタンパク質に対して再生因子は500を超えるサイトカインというタンパク質で構成されていて、細胞再生の能力が単体タンパク質であるEGFと比べ強力です。

*成長因子(グロスファクター)は、再生因子(ジェネティックファクター)のひとつの成分として含まれています。

 

再生因子トリートメントの特徴

①自らが元々持っている力を活性させて若返る

②メスで肌を傷つけない、安心の施術法

③時間をかけ、ゆっくりと着実に若返る素肌

④長い期間作用が感じられる *作用には個人差があります。

⑤皮膚表面ではなく皮下組織にアプローチ

⑥全身、どこにでも施術が可能

 

得られる効果

★ 薄毛・抜け毛の改善 ★白髪 ★ 髪質が改善される

 

【再生因子】配合化粧品 Prenzel*3つのこだわり

原料

ブタ由来細胞培養上清を使用。培養上清とは幹細胞を血清で培養後、遠心分離によりとりだした大変貴重な再生因子(ジェネティックファクター)を含む上澄み液のことです。最先端の再生医療の研究所からうまれたものだからこそ、今までの化粧品にはできなかった壁を越えました。

品質管理

成長因子に代表されるEGFのほとんどは流体培養なのに対し、再生因子(ジェネティックファクター)はクリーンルームで、血清を使い接地培養しています。
ウイルスフリーテストをはじめ、数々の検査を行い品質を管理しています。また、通常熱処理するのが一般的な化粧品の滅菌処理ですが、再生因子(ジェネティックファクター)はタンパク質のため凍結乾燥することで、高品質を担保しています。

安全性

最先端の再生医療研究室からうまれた再生因子(ジェネティックファクター)だからできること。
プレンツェルシリーズの主成分であるブタ由来細胞培養上清は、通常の化粧品製造レベルをはるかに超えたGMP(医薬品適正製造基準)の品質管理基準を持った国内施設で製造。医療と同レベルの安全性テストをクリアしているので安心してお使いいただけます。

 

Copyright (C) KA-SU. All Rights Reserved